ヴァジュラ

弱点

尻尾は切断が弱点。
前足結合崩壊で切断、
頭部結合崩壊で破砕、がそれぞれ有効になる。
弱点属性:炎、氷

捕喰

アラガミバレット 入手率 属性 説明
大雷球 -% 高速の雷球を放つ。ホーミング性能あり。
小雷球機雷 -% 扇状に5Wayの雷球を放つ。一定距離進んだ後、滞空
雷槌 -% 敵に当たると張り付く雷球を発射する
膨張後、範囲内にダメージ。数発でスタンを付与できる

素材(難易度1-3) 入手率 素材(難易度4-6) 入手率 素材(難易度7-9) 入手率
荒神骨 -% 荒神骨 -% 獣神雷毛 -%
獣神毛 -% 獣神雷毛 -% 獣神大骨 -%
獣神翼 -% 獣神大翼 -% 獣神雷頭 -%
獣神頭 -% 獣神雷頭 -% 神獣雷翼 -%
発電体 -% 発電体 -% 高伝導体 -%
獣神爪 -% 伝導体 -% **** -%

結合崩壊

部位 破壊方法 破壊報酬(1-3) 破壊報酬(4-6) 破壊報酬(7-)
破砕が有効 獣神牙(-%)
獣神頭(-%)
獣神大牙(-%)
獣神牙(-%)
獣神雷頭(?%)
獣神雷頭(-%)
****(-%)
前足 頭に当たることが多い
切断が有効
荒神骨片(-%)
獣神爪(-%)
獣神雷毛(-%)
****(-%)
荒神骨片(-%)
****(-%)
尻尾 ジャンプ斬り攻撃推奨。切断が有効
スタンさせれば地上からでも斬れる
獣神毛(-%)
発電体(-%)
獣神雷毛(-%)
伝導体(-%)
****(-%)
****(-%)

行動パターン

内容 詳細・前後の行動 対処法
放電 マントを帯電しながら吼えたあと自分の周囲に放つ。広範囲。
側面や後方にいると頻繁に使用。
予備動作が活性化と似ている。
怒り中はスタン付与
範囲外に離脱
ガード
小雷球召喚 前方に5つの雷球を作り出し、発射してくる。
タメ時間長め。発射時にやや後退。攻撃後威嚇。
側面から後方はガラ空きなので捕喰or回復のチャンス。
マントの帯電に注意
左右へ回避
雷球の間を抜ける
ガード
大雷球 ホーミング性の高い雷球を発射する。
雷球発射前にステップしないこと。
怒り中はスタン付与
引きつけてジャンプ
orステップ
雷槌 キャラの足元に巨大な雷球が膨張後、範囲内にダメージ。
タメ時間長、怒り中はスタン付与
動作中怯ませても判定は残る(見えなくなる)から注意
ダッシュ→ステップ
バックジャンプ雷球 後ろに飛びのきつつ多数の雷球を撃ち落とす。
前方広範囲。攻撃後威嚇
ステップ
右フック 出が速く高威力のパンチ。
見てからの回避は困難。怒り時は帯電して範囲が広く、手を戻す時にも判定あり。
側面に回る
左足付近に陣取る
突進 一目散に走って体当たりしてくる
飛びかかりに派生
ステップ、ガード
軌道から横に反れる
飛び掛り 着地時に広範囲低威力の地震(怒り時はスタン属性で高威力の落雷に変化)発生。
ゆったりとした動作で着地するパターンと、素早く反転しながら着地するパターンがある
ステップ、ガード
タックル&
バックジャンプ
斜めに構え首を振ったあとタックル→バックジャンプ。
着地まで当たり判定アリ。攻撃後威嚇
視点を変えず先回り
スタン(短) 通常時にスタングレネードで発生。
一度吠えた後、行動開始
 
スタン(長)+転倒 怒り時にスタングレネード、

マントが左右に垂れ下がり背中が露出、尻尾も下りる
 

攻略

動き回る上に攻撃範囲が意外に広く、慣れないうちは苦戦を強いられる相手。
ダメージを恐れて手数が減ると、長期戦となって逆に不利なので、隙を見つけて果敢に攻める方がいい。
が、一撃が痛いので攻めすぎは禁物。引き際を見極めること。

基本方針として、攻撃の後の隙を狙って攻め、ヴァジュラが振り向いたら回避。という流れで戦うと安定する。
正面に立たないように回りこみつつ、ステップ切り(○+□)で距離を詰めつつ攻撃を始め、こちらを向いたら左右にステップ。
体を光らせながら吠えた場合は落雷がくるので、もう一度ステップしておくといい。

特に雷槌、バックジャンプ後は威嚇もあるため隙が長く、フルコンボをたたきこむ絶好のチャンス。
また小雷球はタメ中に攻撃し放題なので、このタイミングで捕食をすると安全。
このとき、小雷球発射時のノックバックで攻撃を外すことがよくあるので注意。

突進や大雷球は間合いが離れていると避けづらい。
常に近距離で立ち回るようにしよう。

各刀身ごとの狙いとすべき部位

ナイフ・ナイフ 改
前足・後足・尻尾・胴体

ブレード・ブレード 改
前足・尻尾・頭(インパルスエッジ使用)

クレイモア・クレイモア 改
頭・前足

攻撃チャンスの多さや、時間当たりに期待できるダメージ量は大体こんな感じ。
ショートブレードやロングブレードを使っているときは、常にヴァジュラの背後について尻尾を斬ろうとするよりは、
たまたまヴァジュラが背を向けているときに斬りにいくくらいが丁度いい。公式ブログより。
あくまで上記の武器の場合であり、他の武器では若干差が出てくる。

ショート

張り付くため落雷には注意。
この隙にはここまでコンボが狙えるという線引きを持ち、
そこからタイミング次第でコンボ数を減算して戦うといい。
手数重視のため離脱タイミングとスタミナ切れに悩まされるが、
捕食するとかなり改善されるため、バーストモードをキープしつづければずいぶん戦闘自体が楽になる。

ロング

主な目標は、切断属性が有効な前脚と尻尾。
逆に切断が不利な頭部には、インパルスエッジを叩き込む。
特に前脚は狙うのが容易で、結合崩壊させれば最大の弱所であり、かなり長いダウンを奪うことも可能。
基本的には、隙をついて△攻撃かステップ攻撃で飛び込んでいき、
こちらに向き直って攻撃される前に△で斬り抜けながら離脱する戦法。
常に相手の側面に斬り込むように動いていれば、見当違いの方向を向いて攻撃態勢をとるヴァジュラを悠々と見ることが出来るだろう。
直後の行動に合わせて、落雷なら距離をとる、タックルなら捕食というふうに、立ち回っていこう。

バスター

動きが速いため、ステップからの攻撃を要に攻撃していく。
前足か顔付近で弱か強を当て、ヴァジュラが振り向き終わる前にステップ離脱が理想。
タメ斬りチャンスは小雷球のときぐらいだが、無理に狙わず手数優先のほうが良いかも。
よく正面にいがちなので不意の右フックには十分注意する。活性化時には特に喰らいたくない。
尻尾は無理に狙わず、前に回りこめない時に狙う程度。

慣れてくると小雷球時に捕食したあとバンバン斬れるようになり、爽快。

銃形態ではどこを狙うべきか?

胴体部分に火か氷属性のバレットを撃ちこんでおけばまずハズレは無いだろう。
ブラストタイプなら頭にもよく効く。

活性化時はスタングレネードで動きを止めろ!

ヴァジュラが怒りで活性化すると途端に動きが速くなり、攻撃力も桁違いに上昇する。
最初のうちはこのスピードの変化に焦ってしまうかも知れないので、
スタングレネードを使用してヴァジュラの動きを止めてみるといい。
活性化前後でスタングレネードの効き方が違う(拘束時間が2倍に延びる。約8秒ほど)

メモ

ヴァジュラ捕喰確立(実捕食数計 = 145)
荒神骨    26.9% 39
獣神頭     9.7% 14
獣神翼    25.5% 37
獣神毛    32.4% 47
発電体     5.5%  8


ヴァジュラ部位破壊報酬
腕 荒神骨片 70%、獣神爪 30%
頭 獣神牙 55%、獣神頭 45%
尾 獣神毛 88%、発電体 12%


ヴァジュラ捕喰で獣神爪を確認(製品版).
どうやら体験版と得られるアイテムが変わっている?

  • 最終更新:2010-04-26 22:58:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード