スサノオ

第一種接触禁忌アラガミ。
神器を好んで捕食することから”ゴッドイーターキラー”の異名を持つアラガミ。
個体数が少なく、生体には謎が多い。

弱点

公式ブログの2010/1/31にヒント。
神機(手)
尻尾の先端にある剣
神属性に弱い
神機や剣は破砕に特に弱いので破砕効果の強い武器を

捕喰

アラガミバレット 入手率 属性 説明
ガトリングバースト -%    
スプレッドバースト -%    
アメノハバキリ -%    

素材(難易度6) 入手率 素材(難易度) 入手率
神蝕皇ノ州砂 -% **** -%
神蝕皇ノ黒貴針 -% **** -%
神蝕皇ノ黒貴鎧 -% **** -%
神蝕皇ノ荒魂 -% **** -%
**** -% **** -%



結合崩壊

部位 破壊方法 破壊報酬
**********
**********
****(-%)
****(-%)
**********
**********
****(-%)
****(-%)
神機 **********
**********
****(-%)
****(-%)

行動パターン

内容 詳細・前後の行動 対処法
飛びかかり 脚を曲げて体を沈めてから飛びかかり。飛び上がる部分にも判定あり。着地時の判定はあまり広くない ******
尻尾回転 やや体を低くし、尻尾を右に傾けてから放つ。回転時に尻尾の剣から時限爆発する光球が撒かれる。無理に避けるより、ガード推奨。 ガードするときは”右”を向いておくのがコツ
尻尾回転(+移動) 尻尾回転時に前方に移動。その場の尻尾回転と違い尻尾が真っ直ぐ地面に垂れるので遠距離であれば、見分け易い。 懐にいる場合、絶対避けられないので即ガード
ビーム攻撃(広範囲) 尻尾を前方に向け、そこから無数の閃光を飛ばしてくる。凄まじく広範囲なので足の下か思い切り遠くへ全力ダッシュ。 直近にスキができるので、潜り込んで攻撃するチャンス。
ビーム攻撃(ターゲット) 腕と尻尾をかざして目標の地点へ三連ビーム。走っていれば何のことは無いが、歩きやステップだと当たる。  
ビーム攻撃(全方位) 少し構えたあと、尻尾を全方位に突き刺して爆発させる。前に剣を突き刺したら大チャンス。 足元は完全に死角なので滑り込む
捕食攻撃 腕の神機で噛み付き4連。わけのわからない超威力なので食らえば間違いなく致命傷。ガードしても無意味 範囲は前方のみ。後ろか横に抜ける
後方尻尾叩き付け 背後に向かって、尻尾バーン。かなり発生が早いので見てから回避は不可能。当たり方でかなり威力に差がある 身体の下に立たない


※ボルグ・カムランの行動パターンがベースとなる

攻略


武器は神属性の付いたバスターで
スタンとトラップでハメてボコボコにする
・・・だけじゃあわからないので少し詳しく。
アイテムはもてるだけ持ち込む。(回復はもちろんスタグレやトラップも)
最初は建物の中でスタート。すぐに外に出よう。
ザイゴート堕天は早めに処理。スサノオから上手く離して始末しよう。
その後最初の建物の出口すぐにある小屋(?)に登る。スサノオが登ってきたら
降りて下からチャージクラッシュ。神機をぶち砕いてしまえ。
剣を破壊したい場合、脚を狙ってダウンさせるかスタントラップに引っ掛ける。
破砕なら効果的にダメが通るので意外とすぐ破壊できる。
口は他二つよりリスクが高いので無理に破壊する必要は無い。

また、反則的ではあるがスサノオは広場にある建物の2段目には1段目を経由しないと昇って来れない。
さらに2段目への直接的な攻撃はほぼ皆無である。のくせに2段目に主人公がいると執拗に2段目へのジャンプを試みる。
これを利用して1段目のない方向へスサノオを誘導後、
2段目へジャンプとふちつかみを利用して登れば弱点である尻尾を撃ち放題なわけだ。
Oアンプルもフルに使って尻尾に銃撃を続ければ勝利は近い。
Oアンプルを使い切ったあとは降りてOPを斬撃で回復。また登って撃っても良し。
ある程度タイミングをつかめるようになればそのまま戦って他の部位の結合破壊を狙ってもいいだろう。
なお、それでも自信のないプレイヤーは
体力増強剤と体力増強剤改(合成で作成)もあわせて持ち込み、常にHPを高い状態に保とう。

※真っ向勝負したい神機使いの皆様へ

スサノオは安全に攻撃できる位置・タイミングが限られていて、その時を狙っていけば結果的に安全・確実に撃破できる。
空中ジャンプ・ガード範囲拡大・ふんばりがあればかなり楽になる。
余裕を持ちたいなら「抗属性バックラー」を作ってから挑戦するのがオススメ。

↓攻撃チャンス・避けづらい攻撃対処法
・尻尾回転(+移動)
鬼門。
これに対応し切れなければ勝利はおぼつかないだろう。
構えを見せたら”右”を向いて即ガード。
これを何より優先させること。
難しいが「身体と尾剣の間でジャンプ」すると避けられる。
その場合は尾を振り出す右側面と終わり際に尾を上げる後ろには立たないこと。
+移動の場合は長いタメが入るため、見切りやすい。
突っ込みたくなるが、焦らずガードだ。
・ビーム攻撃(全方位)
足元がお留守、になるのでチャンス。
ただしそのあと尻尾回転と後方尻尾叩き付けに移行するときもあるので深追いは禁物。
前に突き刺したら見逃さず追撃を。
・飛びかかり
使用頻度が高いため、けっこう当たってしまう事が多い。
足の下にいると当たるのでそこには立たないようにする。
・神機構え
最大の弱点であるはずの腕を「どうぞ」とばかりに構える謎の行動。
スサノオさんの良心か。
最大のチャンスなので多少強引にでも行こう。
それでも尻尾回転に派生したら即ガード。
・ビーム攻撃(広範囲)
中距離で出されるとかなりヤバい。
とにかく全力ダッシュか2段ジャンプで回避。
ガード拡大があれば防御安定。

立ち回り
攻撃力が非常に高いので体力上限は最大値、常に7・8割以上は残すようにしておく。
戦う場合、常にスサノオの右前方にいると割合安全。
理由としては、時計回りに振り回す尻尾回転が届くのが若干遅いため対処しやすい。
ついでに発生の早い尻尾叩き付けや飛びかかりも避けやすい。
そして腕も近いため攻撃もしやすい、ということ。
常に腕の神機を狙っていれば安定したダメージを与えられる。
尻尾の剣も柔らかいが、通常では銃撃しか届かない。
2段ジャンプできれば直接叩きにいける。
足を切ってダウンさせれば両方の弱点を殴り放題なので、隙をついて狙っておこう。
このとき捕食で高威力のアラガミバレットを入手して、手持ちのバレットと一緒に顔に打ち込む。
顔への銃撃はけっこうなダメージが入り、うまくすれば口の部位破壊も出来る。
NPCの選択は、必ずシールドが使えるタイプを連れて行くこと。
尻尾回転のたびに大打撃をこうむっていては被害が無駄に広がるだけである。
銃・剣、両方を総動員して、アグレッシブに、丁寧に攻め立てよう。




  • 最終更新:2010-02-14 00:00:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード